30代社会人のキャッシング返済宣言

パチンコ依存症からの脱却!ここが転機

キャッシング業者によっては、どうしても返済が困難な場合、利息分だけの返済という対応を取ってくれるところもあります。しかしそれが毎月と言うのは信用問題に関わってきます。パチンコ依存症のこの人もまた、利息分だけの返済を何度かしたもののこのままではいけないと徐々に気付きだしました。パチンコにのめり込みすぎた結果、給料日前には生活費もなくなる始末。

 

ある時、自分の通帳と借入額を照らし合わせた時に愕然としたようです。ようやくここで自分が破滅の扉の目の前まで来ていたことに気づき、このままでは確実に身が滅びると危機感を感じたようです。

 

そして、自我を失い借り過ぎてしまった故にできた高額の返済額を見て、「パチンコをやめる決意」をしました。パチンコ依存症だった人がそんなにすぐにパチンコをやめれるわけがないと思うかもしれませんが、この人の場合は返済額が一瞬で目を覚ましてくれてパチンコ依存症を脱却できたようです。

 

そして、パチンコをやめるという大きな決断をした後すぐに行ったのが「返済計画」です。これまでは、パチンコに負けた悔しさで頭が熱くなり何も考えずに借入を繰り返してきました。膨れ上がった借金を返済するために、どうすればいいかを考えました。これまでの無計画にキャッシングを利用してきたツケが回ってきたので、当然、簡単に返済できる額ではなかったようです。

 

しかし、給料のほとんどをパチンコにつぎ込んでいたので、パチンコをやめるだけで相当のお金が節約できます。また1ヵ月の収支を見直してみるとパチンコ以外にも無駄な支出がでていることに気付いたようです。タバコ、お酒などの費用も1ヶ月で計算するとかなりの出費になっていました。

 

崖っぷちだったのもあり、タバコ、お酒なども贅沢と感じ、すぐに断つことができたようです。ここまで追い込まれると何でもできるようですが、こうなる前に早めに気付きたいですね。そして返済計画通りに返済するために、普段の生活も徹底して節約していたようです。